基本のシルエット!ウェディングドレスのデザイン3選

アレンジで印象が変わるスレンダーライン

スレンダーラインのウェディングドレスは、シルエットがとてもシンプルです。ウェディングドレスといえば、お姫様のようにスカート部分が広がっているというイメージがありますが、スレンダラインはスカートの膨らみが無く、上から下までストレートなシルエットとなっています。シンプルなデザインですが、メイクやヘアスタイル、アクセサリーなどでがらりと印象が変わりますよ。他のウェディングドレスと比べると、動きやすい点も特徴ですね。

今人気のエンパイアドレス

エンパイアドレスは2008年ごろから、日本で人気となったウェディングドレスのデザインです。胸の下から切り替えがあるのが特徴で、ウエストを締め付けないデザインなので、マタニティドレスとしてもおすすめですよ。古代ギリシャの女神が着ている、ドレスをモチーフとしているので、シンプルだけどとっても上品!また、胸下から切り替えがあるので、背が高く見えるデザインのドレスでもあります。それから、バストが強調されるデザインなので、バストに自信が無い・・という方にもおすすめですよ。

可愛らしさの中に清楚さもあるベルライン

ベルラインは可愛らしさの中に、清楚さのあるデザインが特徴です。エストより下のスカートがベルのような、形をしている事からベルラインと言われています。プリンセスラインのドレスよりも、スカートの膨らみは抑えられているので、背が低い方でも着こなしやすいですよ。ただ、少し特徴的なデザインなので、メイクやヘアメイクを派手にしてしまうと、やり過ぎ感が出てしまう事も・・・。ヘッドドレスやメイク、ブーケまでしっかりと見極めて選びたい、ドレスと言われていますね。

博多の結婚式場の豪華絢爛な様子は良く知らています。結婚式と披露宴は人生最大の宴会になるのが当たり前と言うのが博多気質なのです。