こんな時どうする!?結婚式場での司会を頼まれたら

友人らしく心温まる司会を!

結婚式場での司会は進行をするだけではなく、結婚式の雰囲気を左右するムードメーカー的な役割もありますよね。プロに依頼するのがほとんどですが、大切な結婚式だからこそ、信頼の置ける友人に依頼したいというカップルも少なくないんですね。司会の依頼を受けたら快く引き受け、誠心誠意司会を務めましょう。司会を引き受けたら、まず新郎新婦と打ち合わせをして、アットホームな雰囲気にしたいのか、厳かな雰囲気にしたいのかなど、イメージを決めていくことですね。

タイムテーブルを作ろう!

結婚式のイメージが決まったら、予定しているスピーチや演出、余興などを確認し、想い描いているイメージに沿ってタイムテーブルを作成しましょう。タイムテーブルを作るときには、スピーチや余興などで時間がおすことを考慮して、余裕を持った時間設定にすることが大切ですよ。プランを立てたら、新郎新婦や式場の担当者にも確認を取りましょう。タイムテーブルが完成したら、情報収集を始めることになりますね、新郎新婦にまつわるエピソードを本人や友人たちなどに聞き、紹介をしてよいかどうかを本人に確認しましょう。

当日は早めに会場に入り最終確認を!

当日は1時間前には会場に到着するようにしましょう。新郎新婦や両親、媒酌人にあいさつを済ませ、新郎新婦に変更事項の有無や祝電を読み上げる順番、送り主の名前や肩書などを確認しておくといいですね。そして、タイムスケジュールや台本にもう一度目を通し、変更事項があれば台本に書き込んでおき、式場のスタッフとも最終的な打ち合わせをしましょう。準備を終えたら後は本番ですが、プロではないので気負わずに笑顔で明るく司会を務めることですよ。

福岡の結婚式場では、プランナーが予算に応じた結婚式を考え、サプライズイベントなど思い出に残る計画をしてくれます。