家族婚って何?そのメリットとデメリットとは

少人数で行う家族婚!

近年、結婚をしても結婚式を行わずに婚姻届を出すだけというカップルも多いといわれています。結婚式を夢見る人は多いかもしれませんが、日程や会場の設定、お金などのことを考えると気が重くなってしまうのも無理はありませんよね。そんな人たちに今大流行なのが家族婚です。親や親戚など、身近な人だけで行う小規模な結婚式になります。大きな式場を必要とせず、また大がかりな準備もいりませんので気楽に挙式に踏み出せるとされています。

家族婚のメリットとは

家族婚のメリットはいくつもありますが、とにかく準備が楽ということが挙げられるでしょう。大きな式場を必要としませんので、場所の縛りがありません。また、家族との距離が近いので日ごろの感謝を伝えやすくなります。一人ひとりとの時間を大切にすることで、結婚をしたという意識を高めることができるでしょう。また、人数が少ないことでそれぞれのスケジュール調整が比較的容易だということも、家族婚を行うメリットですよね。

家族婚のデメリットとは

しかし、もちろん家族婚のデメリットもあります。それは、友人や知人、お世話になった人たちに、しっかりとした形で結婚を伝えることができないということです。少人数婚が流行しているとはいえ、まだまだ一般的な「結婚式」を挙げてほしいと考えている人が多いのが現実です。新郎新婦の素敵な姿を一目見たいと考えている人も多いはず、そんな人たちへのお披露目ができなくなってしまいます。しかし、メールや手紙で現状を報告することで、お世話になった人たちへの報告にもなるでしょう。

家族婚とは両家の両親や兄弟たちだけに囲まれて行う少人数のアットホームな結婚式です。両家の絆を深める意味で人気が出てきているスタイルで、挙式のあとで多くは和気あいあいと食事会をして親睦をはかります。